アイプリンと合わせてやりたい目のツボ

目のたるみや目の下のくまを解消するのにはアイプリンでのケアが大切ですよね。

 

そのほかにも目の周りのツボを押さえることで、目の周りの血行を良くして目元のくまやむくみを取ってすっきりとした目元にしましょう

 

まずは、目元の悩みで意外と多い目のショボショボです。

 

パソコンやスマホで長くブルーライトを見ているとそれだけで目が疲れてしまいますよね。

 

目が疲れてショボショボになるのは上まぶたのたるみが原因でもあるんです。

 

目元の疲れに効くツボでたるんだ上まぶたを持ち上げてすっきりとしたまぶたにしましょう

 

上まぶたを持ち上げるのには眉周りのツボを刺激するのに有効らしいです。

 

眉の真ん中にあるツボ攅竹(サンチク)、眉頭にあるツボ魚腰(ギョヨウ)、眉尻にあるツボ絲竹空(シチククウ)をを刺激していきます。

 

目尻のシワを解消するツボにはこめかみと目尻の間のくぼみの部分にある太陽(タイヨウ)というツボを刺激していきます。

 

目尻の外側にある瞳子リョウ(ドウシリョウ)を刺激することでパッチリおめめになれますよ。

 

目の周りのツボをどうやって刺激していくかというと、眉毛の眉頭の部分をつまむようにして魚腰(ギョヨウ)を刺激します。

 

親指で眉の真ん中にあるツボ攅竹(サンチク)下から持ち上げるように押し上げていきます。

 

ツボを刺激しているときは鼻から深く深呼吸をしましょう。

 

息をゆっくり吐きながら、魚腰(ギョヨウ)と攅竹(サンチク)を数秒右斜めに上げていきます。

 

ここでツボも刺激しつつまぶたを引き上げていきます。

 

これを左眉、右眉交互に3回ずつ繰り返しましょう。

 

目の下のたるみを解消するツボを紹介します。

 

左手の人差し指で瞳の真下のツボを抑えます。

 

この黒目の下にあるのは承泣というツボ抑えていき、右手の人差し指は目尻の骨の端部分にある球后を刺激しながら息を深く吐いていきます。

 

 

・アイプリンの体験レビューはこちら!