アイプリンはたるみにも効果がある!

アイプリン

目の下のクマがひどいと疲れているように見えたり、実年齢よりも老けて見られることがありますよね。

 

目の下のクマがあるだけで体調不良に見られるとショックです。

 

クマがあるだけで第一印象も暗い雰囲気になってしまうのをなんとかしたいと思いアイプリンを使いはじめました。

 

アイプリンは普通のコンシーラーのクマのカバーだけではなくて、クマやたるみシワの有効な美容成分が入っているコンシーラーなんですよね。

 

ただ、メイクで目の下クマやたるみを目立たなくするだけではないからアイプリンを使い続けると改善してくれるから人気があるのです。

 

特に女性はアイメイクやコンタクトでまぶたや下まぶたをこすったり刺激することが多いので目元のシワや目の下のたるみが目立ってしまうことが原因が多いのが悩みですね。

 

メイクをしながら目元のたるみや目の下のクマをケアしてくれるのは夜のお肌のお手入れの時間が取れない人やめんどくさがりな私にはすごく助かってます。

 

とくに目元は乾燥しやすくて目元のシワになりやすい部分ですから、予防対策でアイプリンを使ってもいいですよね。

 

 

 

 

アイプリンのコンシーラーの実力は?

目元の色素沈着や目の下のクマを隠すのにコンシーラーを使っているけど、根本的にクマやシワ、たるみを改善することができてないから、メイク前やメイク直しには絶対コンシーラーが欠かせないという人が多いですよね。

 

私も目の下のクマに悩んでいてコンシーラーは欠かさずに使っていました。

 

アイプリンは美容液が配合されていて目の下のクマを隠すだけじゃなく同時にケアしてくれるのが、魅力ですよね。

 

美容液が配合されているので目元のケアを解消してくれるのがメインでコンシーラーとしてのカバー力はどうなのか不安でしたが、実際に使ってみてコンシーラーとしてのカバー力にも満足しています。

 

今まで使っていたカバー力抜群のコンシーラーとそんなに大差はないです。

 

アイプリン

 

どうですか?一日付けたあとでも目の下のクマはカバーできていると思います。

 

いままで使っていた普通のコンシーラーはリキッドファンデーションに近い感じだったけどアイプリンは筆で直接クマやシワに塗っていくので、薄い感じがありますがすごく伸びがいいです。

 

アイプリン

アイプリンの効果のある使い方は?

アイプリンには効果的な使い方はあるのでしょうか?

 

より効果が出る方法はないか、調べてみました。

 

アイプリンを効果的に使うのはメイク前です。

 

メイクは基本的の出かける前にすることが多いと思うので朝が基本的の多いと思います。

 

コンシーラーは人それぞれ使うタイミングが違うと思うのですが、ファンデーションを塗る前に塗りましぃう。

 

化粧下地を塗っている場合は化粧下地を塗ってからアイプリンを塗ってください。

 

アイプリンの塗り方は目の下のクマやシワ、たるみが気になる部分に2cmぐらい間をあけて2本から3本塗ってください。

 

コンシーラーが肌になじむようにポンポンと軽く指を使ってなじませてください。

 

普通のコンシーラーのように目の下の色と肌の色がファンデーションを上から塗ったときに同じに色ムラが内容にする程度で大丈夫です。

 

アイプリンは目の下のクマやシワにも効果がありますが、それだけではありません。

 

顔ならおでこやほうれい線のシワなど気になるところもカバーきますし、年齢が出やすい首や手のシミやシワもカバーすることができます。

 

まぶたに使うなら、アイプリンを2cm程度を1本引いてまぶたになじませてください、

 

おでこはアイプリンを2cm程度を3本程度引いて肌になじませましょう。

 

眉間のシワはアイプリンを2cm程度を1本引いて眉間になじませてください。

 

 

よりアイプリンの効果的な使い方

 

メイク前に使用するのは前にアイプリンを使う時よりも時間があってコンシラーをじっくり時間をかけてケアできるときに使ってみてほしい方法です。

 

アイプリンにはシワやたるみに有効な美容成分が配合されています。

 

この美容成分を最大限に発揮するのはスキンケア後にクマやシワが気になるところに塗る方法です。

 

洗顔をして化粧水を塗ってから気になるところに美容液を塗るタイミングでいっしょにアイプリンで目の下のクマやシワに塗っていきましょう。

 

それから乳液やクリームを塗ることで目元により美容成分が浸透していきます。

 

美容クリームや乳液を付けたあとにアイプリンを塗っても油分で浸透しずらいため美容液を塗るタイミングでアイプリンをぬりましょう。