目の下のクマにはどの色のコンシーラーがおすすめ?

目の下のクマには3種類あります。

 

目の下のクマの種類とクマ別のコンシーラーも紹介していきますね。

 

自分のクマのタイプに合わせてコンシーラーの色を選んでいきましょう。

 

クマに合わせた色を選ぶことでクマをしっかりカバーしてくれてファンデーションに浮かないようにできますから、クマ隠しのコンシーラーの色は意外と重要なんですよ。

 

青クマを消すのに最適なのがオレンジ系のコンシーラーです。

 

コンシーラーは化粧品メーカーから出ていますが、オレンジ系なのでアプリコットなど柑橘系の名前が付いていることもあります。

 

オレンジ系は青クマをカバーしてくれると覚えておくと、メーカーや名前が違っても青クマのコンシーラーを選ぶことができますよ。

 

黒クマにはベージュやオークルのコンシーラーでカバーすることができます。

 

オークルは元々のお肌の色に合わせて、ナチュラルなものにするとコンシーラーが悪目立ちしませんよ。

 

色の白い人は明るめのオークルで色黒の人は濃いめのオークルのコンシーラーにしたりして自分のお肌に合ったオークのコンシーラーを選ぶことがポイントです。

 

オークルのコンシーラーはニキビ跡やシミ隠しにも使えるので1本持っておくと便利ですよ。

 

茶クマに使うのはイエロー系のコンシーラーで特に茶クマをキレイに隠したいならイエローゴールドの色がおすすめです。

 

青クマの原因

 

青クマか判断するのには目の下を軽く引っ張ってみるとクマが薄くなるのが特徴です。
引っ張っても青クマが消えないで薄くなるのが特徴です。

 

この青クマは目の周りの毛細血管の血流が悪くなるため皮膚の薄い目の周りが青く目立ってしまいます
原因は目の周りの血行不良、目の疲れ、寝不足など原因で青クマになってしまいます。

 

黒クマの原因

 

黒クマは目の下のくぼみが影になってクマのように見えるのが原因です。
下を向くとクマが目立たなくなるのでチェックしてみてください。

 

歳を取ることで目の下の皮膚が薄くなったり、コラーゲンが年々少なっていくことでくぼみができるます。加齢によるくぼみが原因です。

 

茶クマは目の下が目の下の皮膚や上を向いてもクマが薄くならないのが特徴です。茶クマの原因としては目を擦ったことふぇできた色素沈着や角質のくすみのことがほとんどです。

 

それに、小さなシミが目の下にの多くあると茶クマに見えることがあります。

 

青クマの治し方とは?

 

青クマの治し方はずばり血行はよくすることです。

 

青クマの原因は血行不良なので、目を温めたり、目の周りのリンパマッサージをすることで目の周りのクマがなくなったり、明るくなると思います。

 

原因としては寝不足や冷え、パソコンやスマホにでの眼精疲労で目の周りの毛細血管の血流が悪くなってしまうのが原因ですから、まずは目の周りの血流をよくすることが大切です。

 

目の周りの血流をよくするマッサージやケア商品を使ってみること、寝不足ならしっかり睡眠時間を確保することが大切です。

 

黒クマの治し方とは?

 

目の下のたるみが影になったものが黒クマの正体なのでたるみを改善することが大切です。

 

加齢によって目の周りの筋肉が落ちてきたり、角質の真皮層コラーゲンやエラスチンの量が減少していってハリがなくなってくるとたるみとなって影が黒クマとなってしまいます。
黒クマかチェックするには指で引っ張ったり、上を向いたりすることでクマが治るのなら影が原因の黒クマです。

 

対策方法としては目の下のたるみを解消するアイクリームのケアが大切です。

 

・アイプリンの体験レビューはこちら!