アイプリンに副作用はある?成分や使い方もチェック

アイプリンは目の下のくまや目元のたるみを解消してくれる美容成分が入ったコンシーラーとして人気ですよね。

 

インスタでも投稿している人も多くて、目元の悩みでも特に目の下のくまや目元のたるみなんかを隠しながらケアできるのはいいですよね。

 

アイプリンは美容成分が配合されたコンシーラーなので副作用は心配なさそうですが、コンシーラーはメイクで毎日使うものなので肌が荒れたり、肌トラブルにならないか少し気になったのでアイプリンに副作用がないか調べてみました。

 

まずはアイプリンで副作用が出たという口コミはあるのか調べてみました。

 

すると、副作用が出た、肌が荒れたという口コミは1件もありませんでした。

 

アイプリンは無添加なので副作用が出ることはほとんどなさそうです。

 

目元は皮膚が薄いのでメイクの前にしっかりとコンシーラーでくまの上に塗ってからファンデーションを塗るので綺麗にくまをカバーすることができるという口コミが多く上がっていましたよ。

 

アイプリンの成分には副作用が出る成分は入っているの?

 

アイプリンの成分には副作用が出てしまうものは入っていないかチェックしてみました。

 

美容成分としてはEFGや低分子ヒアルロン酸やコラーゲンなどが入っています。

 

そのほかにも植物由来おオーガニック成分も配合されているので、皮膚の薄い目の下やまぶたにも塗っても肌トラブルや副作用は出ることは少ないでしょう。

 

肌が薄い部分に使う目元専用コンシーラーなので副作用は絶対に出ないとは言えないかもしれません。

 

もし、肌トラブルが出てしまったらすぐに使用を中止してください。

 

肌に直接、塗るものですから肌に合わない人も出てくるかもしれません。

 

肌質によって使えないというわけではありませんが、数日は大丈夫だけなら大丈夫だったけど1ヶ月や2ヶ月を過ぎて肌トラブルが出たらどうしようという人には4ヶ月分の返金保証もあるので安心してアイプリンが試せます。

 

敏感肌や乾燥肌でも無添加のコンシーラーなので使えることもできますが、肌に合わないかもしれないと
考えると全額返金保証があるので損をしないで試せるのはうれしいですよね。

 

以前にファンデーションや化粧下地、コンシーラーが合わなくて肌荒れをしてしまった経験がある人はパッチテストをしたり、少ない量から試しに使ってみるのがいいと思います。

 

アイプリンの副作用ではありませんが、肌が荒れていたり、肌が乾燥している部分にアイプリンを使ってしまって肌が赤くなったり、より乾燥してしまうこともあるので肌が荒れていないときに使用するなど使用する時期もずらすことが大切ですね。

 

特にアイメイクが濃い人やリキッドアイライナーを目の際やまつ毛の生え際に塗る人は目元の肌が荒れやすいので気を付けてください。

 

アイプリンの付けすぎは避けよう

 

アイプリンは無添加のコンシーラーですが、目の下のくまが気になるからといって何回も重ね塗りはお肌によくないのでやめましょう。

 

コンシーラーを塗ってあとにファンデーションを上から塗るのでそこまで重ね塗りする必要もありません。

 

使い方を正しく使うことと毎日使うコンシーラーなので1回の適量を守ってアイプリンを使うことで副作用や肌荒れを事前にさけましょう。